札幌発 ADHDコンサルタント 西村勇輝

ADHDを理解して才能を発掘する為のブログ

ADHDには才能があるのか、ADHDでも天才は一部だけ?

f:id:adhdsainou:20170613032529p:image

 

 

ADHDコンサルタント、西村勇輝です。

 

よくネットで目にしますが

発達障害でも天才は一部だけだろw」

というような発言は多いですよね。

 

殆どの方がそう思っているでしょうし

ADHD当事者の方でもこの考えを持っている方は少なくありません。

むしろADHD=天才はやめろ!!!

と思っている方もいます。

 

まぁそうでしょう

だって当の本人が成功しているかといったら

そういうわけじゃないのですから。

 

 

ADHDには才能ってあるの?

 

 

さて本題です。

ADHDには才能ってあるのでしょうか?

 

簡潔に述べますと

「あります。」

 

ただそれを活かせているのかといったら

そうとは限りません。

 

IQが高くてもその知能を

活かしきれていない人がいるように

ADHDの特性を活かせていない人もいます。

 

過集中をもっていても

多動力があっても

創造性があっても

 

それを活かしきれていなければ

「天才」とは呼ばれないですよね。

 

これがADHDは天才ではない派を

生みだす要因になっているのでしょう。

 

 

 

エジソンはなぜ天才と呼ばれたのか

 

 

エジソンはその性格から

ADHDの可能性があったと言われていますよね。

 

小さい頃から屁理屈をこねたり

好奇心が強く納屋を全焼させたり

かなり手を煩わせる子供だったそうです。

 

あまりにも手を焼くもんだから

小学校を退学させられました。

 

先生にも父親にも見放されたエジソンですが

母親のナンシーは決して見放さなかったそうです。

 

そしてナンシーは教師役として

エジソンを教育したそうです。

 

母ナンシーの授業は

エジソンにわかるまで徹底的に教えた個人授業で

エジソンにとって満足のできる環境だったそうです。

 

もしエジソンの育った環境が

親にも学校にも見放され

ずっと「お前はダメな人間だ」と言われていたら

後世に名を残すほどの人物になれたのでしょうか?

 

ピカソなども子供のころは

絵の才能を育みやすい環境で育ったそうです。

 

天才を生み出すには環境というものは

とても重要だと思います。

 

 

 

 

ADHDに合った教育

 

 

ADHDの特性を活かすのに

教育はものすごく大切です。

 

定形発達の子供でも

普通の学校に通った子供と

英才教育をしている学校とでは

頭の良さは変わってきますよね?

 

ADHDも同じように

普通の定型発達者向けの学校に通うのと

ADHDに合った学校に通わせるのとでは

頭の良さも環境も変わってきます。

 

じゃあADHDは擁護学校に

通わせたらいいのか?

といったら違います。

 

ギフテッド教育を指導している

学校に通わせるべきです。

 

日本でADHD発達障害と呼ばれ

"支援をする存在"

として認識されています。

 

なのでADHDのお子さんをもつ親御さんなどは

知的障害の子と一緒だと考える方もいます。

 

ですがADHDには知的な遅れはありません。

 

ADHDにはADHDに合った学校に通わせるのが

才能をより活かせるのではないでしょうか?