札幌発 ADHDコンサルタント 西村勇輝

ADHDを理解して才能を発掘する為のブログ

ADHDの才能を開花させるためにしなければいけないこと

f:id:adhdsainou:20170528161201p:image

 

ADHDコンサルタントの西村勇輝です。

 

今回はADHDの才能を開花させる為に

しなければいけないことについてです。

 

ADHDに与えれた才能は具体的には

過集中

多動力

創造性などがあげられます。

 

ADHDは人によって特性が違います。

衝動が強い人

不注意が強い人

それぞれの症状が混合している人

人によって様々ですが才能を開花させるのに必要なことは共通しています。

 

 

 

才能を開花させるためには

 

 

自分の障害を認めよう

 

才能を開花させるために

まずしなければいけないこと

それは自分の障害を素直に認めることです。

 

ADHDの方の中には

「普通の人になりたい!」

ADHDの症状を無くしたい!」

と思う方がいます。

 

そう思いたい気持ちはわかります。

僕も何度も普通の人になろうと

頑張っていた時期があるので…

 

しかしADHDというのは病気ではなく

生まれ持った特性です。

この特性を治すことはできません。

 

ですからADHDのお子さんをもつ親御さんの中には「私の教育が悪いから治らない…」と悩む方がいるのです。

 

工夫などによりある程度改善はできますが

治すことはできません。

そして普通の人に無理矢理近づけることは

ADHDの良い所を活かせるどころか

むしろ遠ざけてしまうことになります。

 

まずはADHDの特性というものを

1から理解することです。

 

 

 

自分の性格を見極めよう

 

ADHDの特性を理解したら次は

自分の性格を知りましょう。

 

何も自分がADHDだからといって

ADHD人皆がみんな、同じ性格とは限りません。

 

十人十色、ADHDでも色々な性格の方がいます。

なかにはADHDだけど

部屋は片付けられる人もいますし

絵を描くのが苦手な人もいます。

 

自分の性格を知るために

1度、紙に自分の性格などを書いてみて下さい。

自分の特徴を「視覚化」することにより

自分の気づかなった性格を知ることができます。

 

なにが苦手でなにが得意なのか

自分専用マニュアルを作成して下さい。

 

 

 

前を向こう

 

自分専用マニュアルを作成したら

次に必要なことは「前を向くこと」です。

 

ADHDの中でも特に厄介なのは

今迄の経験や周りに言われてきたことなどによる

トラウマやネガティブな体験です。

 

この嫌な体験は

長くサビついた汚れを落とすのが難しいように

キレイさっぱり落とすことは

非常に難しいです。

 

じゃあどうしたらいいのか?

それは「前を向いて進む」ことです。

 

今迄体験してきた

嫌なこと、記憶

それは受け入れなければいけないことです。

 

いつまでもウジウジしてても

状況がかわりますか?

 

余程運が良くなければ

かわることなんてそうそうありませんよ。

 

しかし

決して焦らないでください

受け入れろなんていっても

この記事をみて早々に受け入れることは難しいと思います。

 

ゆっくり自分のペースで

少しづつ受け入れてください。

 

 

この3つのステップを踏んでいくと

自分が何をすればいいのか

自分な得意なことはどんなことなのか

少しづつですがわかっていくようになると思います。

 

しかしこの3つのステップを踏まなければ

自分の才能を開花させることは難しいでしょう。