札幌発 ADHDコンサルタント 西村勇輝

ADHDを理解して才能を発掘する為のブログ

何故ADHDは嫌われバカにされるのか

f:id:adhdsainou:20170528164251p:image

 

ADHDコンサルタントの西村勇輝です。

 

みなさんもネットで見かけたこと

あるのではないでしょうか。

 

ADHDって使えないし要らない存在だよね

 

僕は毎日ADHDについてネットで調べていますが

毎回このように言っている人を見かけます(笑)

 

僕から言わせれば

そりゃ定型発達の土俵で

戦える訳ないじゃん。

 

当たり前ですよね

そもそも脳のつくりからして定型発達の方とはちがうのですから。

 

では、今回の記事について述べていきます。

 

 

 

何故、嫌われバカにされるのか

 

 

ADHDの悪い面しかみられていない

 

まず、思いつく一つの要因として

ADHDの悪い面しかみられていない

ことがあげられます。

 

たまにADHDについて

TVなどで特集されることはありますが

大体はADHDの特性によって引き起こされる

障害の部分しか取り上げられないことが多いです。

 

勿論ADHDをまわりに理解してもらうには

障害となる部分について認知してもらうことはとても大切だと思います。

 

しかしADHDの良いところにも目を向けなければ

本当の意味でADHDを正しく理解出来ないのではないでしょうか。

 

 

仕事ができない人が多い

 

ADHDの人は仕事ができない人が多いです。

マルチタスクが苦手だったり

不注意が多かったりで一緒に働く相手にとったら

働きにくい相手ではあると思います。

 

そういったところから

ADHDはダメな人間というレッテルが貼られてしまうのです。

 

 

小さい頃問題児だった人が多い

 

これは僕もだったのですが

小さい頃多動が抑えられず

悪い意味で目立っていました。

 

最近ではADHDの認知が増えたからか

小さい頃動き回ってた子供は

ADHDの子が多いと理解されてきました。

 

認知されることは良いのですが

表面的な部分でしか知らない方が多くなり

問題児=ADHDといった見方も多いです。

 

認知された分広く浅く広まってしまい

悪い面がひとり歩きしてしまっているのではないでしょうか。

 

 

 

ちょっとした裏話…

 

これは起業家の知人から聞いたお話です。

 

以前、知人が某お金持ち友愛団体の方と

お会いして聞いた話だそうです。

 

実は僕達、発達障害の人間は普通の方と違い

恵まれた才能を備えているそうです。

 

ADHDでいえば

創造性であったり過集中だったりでしょうか

 

しかし

その様な能力を持っていない普通の人達からすると

こういった能力を持っている人達が

力をつけるのは非常に怖いことなのです。

 

だって自分たちにはない能力をもった人間が

力をつけると定型発達の人達が

逆に生きにくい世の中になってしまいますからね。

 

ですからADHDアスペルガーなどは

発達障害と呼び障害者として

レッテルを貼ることで

現在の地位も底辺として扱われているのです。

 

何故、ADHDアスペルガーなどにあった

教育機関をつくらないのでしょうか?

 

不思議ですよね。

 

今後ADHDの子供達に合った教育を受けられる日がくると良いのですが…