札幌発 ADHDコンサルタント 西村勇輝

ADHDを理解して才能を発掘する為のブログ

ADHDはネガティブ思考を排除しよう

f:id:adhdsainou:20170526234513p:image

 

ADHDコンサルタントの西村勇輝です。

 

今回はネガティブ思考を排除しよう、です。

 

みなさんはネガティブでしょうか?

僕は一時期はとてもネガティブ思考でしたが

いま現在はポジティブ思考です。

 

しかしまぁ正直なところ

ADHD的な特性により

今も悩まされることは多いです…。

 

ですが僕は気づいたんです

ネガティブでいるよりも

ポジティブにいるほうが

圧倒的に楽ということを…(笑)

 

では、今回の記事について

述べて行きたいと思います!

 

 

 

ネガティブ思考を排除しよう!

 

 

 

ネガティブ思考をなくすには

 

突然ですが質問です。

 

あなたが楽しいと思える時間は

どんなときですか?

 

楽しいと思えることは人それぞれだと思いますが

例えば

好きな音楽をきいたり

絵を書いたり

物をつくったり

 

そういった自分の好きなことをしてるときって

あなたはネガティブな気持ちでしょうか?

 

少なくとも自分を責めたりはしませんよね?

 

ネガティブな思考をなくすには

自分の輝ける時間が大切になります。

 

その時間を大切にしてください

それがあなたのネガティブ思考をなくす

第1歩になるんですよ。

 

 

 

ネガティブ失敗談

 

小さなことでもマイナスに捉える

少し失敗したらやたらと自分を責めてしまう…

 

そんな経験、あなたはありましたか?

 

僕にはあります。

 

僕はなかなか朝に弱く起きられませんでした

そして時間感覚がとても鈍いんです。

 

その結果周りの人達に迷惑をかけてしまい

自分をずっと責めてしまいました…

 

そして、ちょうどその頃に

医師にADHDと言われて

更にネガティブ思考になりました。

 

そして

「俺はADHDだから遅刻してしまう

治そうとしてもむりなんだ…」

「俺はADHDだから仕事ができない…」

と、ことあるごとに

俺はADHDだからと言うようになり

何事もうまくいかなくなったんです。

 

そしてネガティブ思考でいた結果

僕は鬱になってしまいました。

 

ネガティブでいることは

客観的に物事を判断できるという

メリットもありますが

ネガティブになり過ぎると

常に自分を責めてしまうことになります。

 

思考がネガティブに偏りすぎることって

周りにお前はダメな人間なんだと

言われるのと変わらないんです。

 

相手に責められることも

自分のことを責めるのも

自分自身にとっては良くないんですよ。

 

ですから

客観的に物事を判断することは大事ですが

あまり自分を責めないようにしましょう

 

それがあなた自身なのですから。

 

 

 

ネガティブな気持ちも大切。

 

ネガティブ思考を排除することは大事ですが

時にはネガティブな気持ちをもつことも大切です。

 

何故かと言いますと

客観的に自分を見つめることができるからです。

 

自分がどこが苦手でどこがダメなところなのか

わかるためにはネガティブな側面も必要です。

 

常に明るく

時には自分を客観的にみる

そういったバランスが必要ですよ。