札幌発 ADHDコンサルタント 西村勇輝

ADHDを理解して才能を発掘する為のブログ

ADHDでいつも頭の中がごちゃごちゃ…そんな時は「視覚化リスト」を作ろう!

f:id:adhdsainou:20170523020439p:image

 

ADHDコンサルタントの西村勇輝です。

 

あなたは頭の中がごちゃごちゃしたとき

どうしていますか?

 

頭の中が散らかって

予定通りに物事が進まなかったり

ド忘れしてしまったり…

なんてことがあるんじゃないでしょうか

 

今回はこの対策法について、です。

 

 

 

視覚化リストをつくろう

 

頭の中がごちゃごちゃしたときに

頭のなかで整理するのは難しいことです。

 

ADHDのあなたが部屋を片付けるときに

綺麗に片付かないのと似ています。

 

ではどうしたらいいのか

 

「視覚化リストをつくる」

 

頭のなかで順序が組み立てられなければ

目に見える形で順序を組み立ててみましょう。

 

方法としては

 

まず紙とペン、又はスマホのメモを用意して下さい。

 

そして上から順に優先すべきことを書いてください。

 

例1.部屋の片付けの場合

1.ゴミを捨てる

2.物を所定の位置に戻す

3.掃除機をかける

 

例2.朝の準備をする場合

1.8時半に起きる

2.シャワーを浴びる

3.身支度

4.朝食

5.忘れ物確認

6.家をでる

 

といった具合にメモを書いてください。

 

やるべきことを視覚化することによって

今なにをすべきなのか

目に見えて分かるようになります。

 

そして忘れ物を減らすこともできます。

 

ADHDは聴覚処理よりも

視覚処理が優れています。

 

是非物事の優先順位をつけるのが苦手な方は

こちらの方法を試してください。

 

 

 

メモをせずに忘れ物を減らす方法

 

この方法は僕が自然と身についていた

忘れ物を減らす方法です。

 

僕も忘れ物をするタイプだったのですが

無意識に忘れ物をしないように

ある対策法をしていました。

 

その対策法とは

 

物を所定の位置に置くことを決める。

出かけるまえに声に出して確認作業をする。

 

この方法をつかうことによって

90%忘れ物をすることが無くなっていました。

 

残りの10%は時間がない時に焦って

確認作業を怠ったときです。

 

僕の場合

鍵は必ず玄関のところに置くようにしています。

物を所定の位置に置くことを

意識することにより

鍵を無くす事が減りました。

 

そして家を出る前に

声に出して確認作業をすることにより

忘れ物を減らすことが出来ました。

 

いずれも習慣化することにより

失敗を防げるようになっていたんです。

 

朝起きたら歯を磨くように

家を出る時に確認作業をすればいいのです。

 

メモをする時間がないときに

この方法は有効だと思いますよ。