札幌発 ADHDコンサルタント 西村勇輝

ADHDを理解して才能を発掘する為のブログ

ADHDで無趣味は勿体ない? その理由とは

f:id:adhdsainou:20170516082759p:image

 

ADHDコンサルタント 西村勇輝です。

 

今回はADHDで無趣味の方に向けての記事です。

 

 

 

ADHDで無趣味は勿体ない

 

ADHDはその特性から

「怠け者」

「落ち着きがない人」

「仕事が出来ない人」

なんて言われていますよね。

 

僕から言わせれば

それは当然のことなのです

 

だって普通の人でさえ

つまらないことは面白くないのですから

ADHDの人が出来ないのは当たり前です。

 

じゃなければ発達障害なんて言われないですよ

 

だからこそADHDの人が

無趣味なのは勿体ないんです

普通のことが当たり前に出来ないからこそ

あなたにとって心のやすらぎとなる場が必要となります。

 

 

 

好きなことを見つけよう

 

好きなことがみつからない

これって仕方のないことでもあるんです。

 

だって知らないことがわからないから

 

じゃあ趣味なんて見つけられないじゃんと思いましたか?

 

そんなことありません

まずは趣味を見つけるきっかけが大切ですから

知らないことを知ることから始めてみましょう。

 

 

 

ハンター(ADHD)の特性を利用しよう

 f:id:adhdsainou:20170516093123p:image

知らないことを知るためには

ハンターの特性をうまく利用することが大切です。

 

ハンターといえば自然界の獲物を狩り生活する

即ち狩人ですよね。

 

ですがこの時代狩りをするといってもなかなかそんな機会はありません。

 

じゃあどうすればハンターの特性をつかって

趣味をみつけられるのか…?

 

簡単です。

 

知識を獲物として捉える

 

知識を獲物と捉えることで

興味のある分野を見つけたときのワクワク感

そして知らないことを知ることにより

自分自身の糧となります。

 

そして学びの場は学校だけじゃありません

ネット、本などからいくらでも学べる場所はあります。

 

 

 

これだけは気をつけよう

 

最後に注意点があります

 

知識を獲物として捉えようと伝えましたが

その知識というものは数え切れない程あります。

 

その中で自分の中で直感的に

「あ、これ気になるな」

といったものを学んで下さい。

 

学校で無理矢理教えられたような

好きでもないことを学ぼうと思っても

自分の糧にはなりません。

 

まずは興味のもったことを知り

その中でつまらないと思ったら

また新たに好きなことを探せばいいのです。

 

自分のペースで誰にも邪魔されない場所をつくりましょう

そしてADHDの特性をその場所で活かしてくださいね。