札幌発 ADHDコンサルタント 西村勇輝

ADHDを理解して才能を発掘する為のブログ

ADHDは喫煙率が高い!その理由とは?

f:id:adhdsainou:20170509231951p:image

 

ADHDコンサルタントの西村勇輝です

 

皆さんはタバコを吸いますか?

 

ADHDの人は定型発達者に比べ喫煙率が高いそうです

定型発達者の喫煙率が26%程度に対し

ADHDの喫煙率はおよそ40%と言われています

 

そんな僕も喫煙をします

タバコを吸うと頭がスッキリして落ち着きます

 

ちなみに僕はタバコにこだわりがあって

コンビニなどで売っている紙巻タバコは吸いません

専門店で買える手巻きタバコを吸っています

 

理由は市販で売っているような紙巻タバコは

数千種類の添加物が含まれていて

タバコが臭い&手巻きタバコよりも体に悪いからです

 

手巻き煙草

漂白されていない無添加のペーパーを使い

葉っぱも添加物が殆ど含まれていません

 

断然臭いも味も違うので

僕は手巻きタバコしか吸わないです

 

是非タバコを吸うADHDの方も手巻きタバコに切り替えることをオススメします(笑)

 

さて話が大分逸れましたが

なぜADHDの方がこんなにも喫煙率が高いのか

それには理由があります

 

喫煙率が高い理由

 

ニコチンが脳内に入ると

脳内伝達物質のアセチルコリン

同等の働きをします

 

アセチルコリン

ドーパミンノルアドレナリンといった

脳内物質の一つでドーパミンノルアドレナリン

放出される際は一緒に出ます

 

つまりタバコの成分の効き目が

コンサータストラテラの作用に似ていて

自然とタバコを欲してしまうんですね

 

僕はタバコを吸うので禁煙するべき!

とは言えませんが

皆さんがタバコを吸うからこそ

添加物や周りに与える影響を考えて

タバコを吸って欲しいなと思います