札幌発 ADHDコンサルタント 西村勇輝

ADHDを理解して才能を発掘する為のブログ

ADHDには才能があるのか、ADHDでも天才は一部だけ?

f:id:adhdsainou:20170613032529p:image

 

 

ADHDコンサルタント、西村勇輝です。

 

よくネットで目にしますが

発達障害でも天才は一部だけだろw」

というような発言は多いですよね。

 

殆どの方がそう思っているでしょうし

ADHD当事者の方でもこの考えを持っている方は少なくありません。

むしろADHD=天才はやめろ!!!

と思っている方もいます。

 

まぁそうでしょう

だって当の本人が成功しているかといったら

そういうわけじゃないのですから。

 

 

ADHDには才能ってあるの?

 

 

さて本題です。

ADHDには才能ってあるのでしょうか?

 

簡潔に述べますと

「あります。」

 

ただそれを活かせているのかといったら

そうとは限りません。

 

IQが高くてもその知能を

活かしきれていない人がいるように

ADHDの特性を活かせていない人もいます。

 

過集中をもっていても

多動力があっても

創造性があっても

 

それを活かしきれていなければ

「天才」とは呼ばれないですよね。

 

これがADHDは天才ではない派を

生みだす要因になっているのでしょう。

 

 

 

エジソンはなぜ天才と呼ばれたのか

 

 

エジソンはその性格から

ADHDの可能性があったと言われていますよね。

 

小さい頃から屁理屈をこねたり

好奇心が強く納屋を全焼させたり

かなり手を煩わせる子供だったそうです。

 

あまりにも手を焼くもんだから

小学校を退学させられました。

 

先生にも父親にも見放されたエジソンですが

母親のナンシーは決して見放さなかったそうです。

 

そしてナンシーは教師役として

エジソンを教育したそうです。

 

母ナンシーの授業は

エジソンにわかるまで徹底的に教えた個人授業で

エジソンにとって満足のできる環境だったそうです。

 

もしエジソンの育った環境が

親にも学校にも見放され

ずっと「お前はダメな人間だ」と言われていたら

後世に名を残すほどの人物になれたのでしょうか?

 

ピカソなども子供のころは

絵の才能を育みやすい環境で育ったそうです。

 

天才を生み出すには環境というものは

とても重要だと思います。

 

 

 

 

ADHDに合った教育

 

 

ADHDの特性を活かすのに

教育はものすごく大切です。

 

定形発達の子供でも

普通の学校に通った子供と

英才教育をしている学校とでは

頭の良さは変わってきますよね?

 

ADHDも同じように

普通の定型発達者向けの学校に通うのと

ADHDに合った学校に通わせるのとでは

頭の良さも環境も変わってきます。

 

じゃあADHDは擁護学校に

通わせたらいいのか?

といったら違います。

 

ギフテッド教育を指導している

学校に通わせるべきです。

 

日本でADHD発達障害と呼ばれ

"支援をする存在"

として認識されています。

 

なのでADHDのお子さんをもつ親御さんなどは

知的障害の子と一緒だと考える方もいます。

 

ですがADHDには知的な遅れはありません。

 

ADHDにはADHDに合った学校に通わせるのが

才能をより活かせるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

ADHDの才能を開花させるためにしなければいけないこと

f:id:adhdsainou:20170528161201p:image

 

ADHDコンサルタントの西村勇輝です。

 

今回はADHDの才能を開花させる為に

しなければいけないことについてです。

 

ADHDに与えれた才能は具体的には

過集中

多動力

創造性などがあげられます。

 

ADHDは人によって特性が違います。

衝動が強い人

不注意が強い人

それぞれの症状が混合している人

人によって様々ですが才能を開花させるのに必要なことは共通しています。

 

 

 

才能を開花させるためには

 

 

自分の障害を認めよう

 

才能を開花させるために

まずしなければいけないこと

それは自分の障害を素直に認めることです。

 

ADHDの方の中には

「普通の人になりたい!」

ADHDの症状を無くしたい!」

と思う方がいます。

 

そう思いたい気持ちはわかります。

僕も何度も普通の人になろうと

頑張っていた時期があるので…

 

しかしADHDというのは病気ではなく

生まれ持った特性です。

この特性を治すことはできません。

 

ですからADHDのお子さんをもつ親御さんの中には「私の教育が悪いから治らない…」と悩む方がいるのです。

 

工夫などによりある程度改善はできますが

治すことはできません。

そして普通の人に無理矢理近づけることは

ADHDの良い所を活かせるどころか

むしろ遠ざけてしまうことになります。

 

まずはADHDの特性というものを

1から理解することです。

 

 

 

自分の性格を見極めよう

 

ADHDの特性を理解したら次は

自分の性格を知りましょう。

 

何も自分がADHDだからといって

ADHD人皆がみんな、同じ性格とは限りません。

 

十人十色、ADHDでも色々な性格の方がいます。

なかにはADHDだけど

部屋は片付けられる人もいますし

絵を描くのが苦手な人もいます。

 

自分の性格を知るために

1度、紙に自分の性格などを書いてみて下さい。

自分の特徴を「視覚化」することにより

自分の気づかなった性格を知ることができます。

 

なにが苦手でなにが得意なのか

自分専用マニュアルを作成して下さい。

 

 

 

前を向こう

 

自分専用マニュアルを作成したら

次に必要なことは「前を向くこと」です。

 

ADHDの中でも特に厄介なのは

今迄の経験や周りに言われてきたことなどによる

トラウマやネガティブな体験です。

 

この嫌な体験は

長くサビついた汚れを落とすのが難しいように

キレイさっぱり落とすことは

非常に難しいです。

 

じゃあどうしたらいいのか?

それは「前を向いて進む」ことです。

 

今迄体験してきた

嫌なこと、記憶

それは受け入れなければいけないことです。

 

いつまでもウジウジしてても

状況がかわりますか?

 

余程運が良くなければ

かわることなんてそうそうありませんよ。

 

しかし

決して焦らないでください

受け入れろなんていっても

この記事をみて早々に受け入れることは難しいと思います。

 

ゆっくり自分のペースで

少しづつ受け入れてください。

 

 

この3つのステップを踏んでいくと

自分が何をすればいいのか

自分な得意なことはどんなことなのか

少しづつですがわかっていくようになると思います。

 

しかしこの3つのステップを踏まなければ

自分の才能を開花させることは難しいでしょう。

 

何故ADHDは嫌われバカにされるのか

f:id:adhdsainou:20170528164251p:image

 

ADHDコンサルタントの西村勇輝です。

 

みなさんもネットで見かけたこと

あるのではないでしょうか。

 

ADHDって使えないし要らない存在だよね

 

僕は毎日ADHDについてネットで調べていますが

毎回このように言っている人を見かけます(笑)

 

僕から言わせれば

そりゃ定型発達の土俵で

戦える訳ないじゃん。

 

当たり前ですよね

そもそも脳のつくりからして定型発達の方とはちがうのですから。

 

では、今回の記事について述べていきます。

 

 

 

何故、嫌われバカにされるのか

 

 

ADHDの悪い面しかみられていない

 

まず、思いつく一つの要因として

ADHDの悪い面しかみられていない

ことがあげられます。

 

たまにADHDについて

TVなどで特集されることはありますが

大体はADHDの特性によって引き起こされる

障害の部分しか取り上げられないことが多いです。

 

勿論ADHDをまわりに理解してもらうには

障害となる部分について認知してもらうことはとても大切だと思います。

 

しかしADHDの良いところにも目を向けなければ

本当の意味でADHDを正しく理解出来ないのではないでしょうか。

 

 

仕事ができない人が多い

 

ADHDの人は仕事ができない人が多いです。

マルチタスクが苦手だったり

不注意が多かったりで一緒に働く相手にとったら

働きにくい相手ではあると思います。

 

そういったところから

ADHDはダメな人間というレッテルが貼られてしまうのです。

 

 

小さい頃問題児だった人が多い

 

これは僕もだったのですが

小さい頃多動が抑えられず

悪い意味で目立っていました。

 

最近ではADHDの認知が増えたからか

小さい頃動き回ってた子供は

ADHDの子が多いと理解されてきました。

 

認知されることは良いのですが

表面的な部分でしか知らない方が多くなり

問題児=ADHDといった見方も多いです。

 

認知された分広く浅く広まってしまい

悪い面がひとり歩きしてしまっているのではないでしょうか。

 

 

 

ちょっとした裏話…

 

これは起業家の知人から聞いたお話です。

 

以前、知人が某お金持ち友愛団体の方と

お会いして聞いた話だそうです。

 

実は僕達、発達障害の人間は普通の方と違い

恵まれた才能を備えているそうです。

 

ADHDでいえば

創造性であったり過集中だったりでしょうか

 

しかし

その様な能力を持っていない普通の人達からすると

こういった能力を持っている人達が

力をつけるのは非常に怖いことなのです。

 

だって自分たちにはない能力をもった人間が

力をつけると定型発達の人達が

逆に生きにくい世の中になってしまいますからね。

 

ですからADHDアスペルガーなどは

発達障害と呼び障害者として

レッテルを貼ることで

現在の地位も底辺として扱われているのです。

 

何故、ADHDアスペルガーなどにあった

教育機関をつくらないのでしょうか?

 

不思議ですよね。

 

今後ADHDの子供達に合った教育を受けられる日がくると良いのですが…

 

 

 

ADHDはネガティブ思考を排除しよう

f:id:adhdsainou:20170526234513p:image

 

ADHDコンサルタントの西村勇輝です。

 

今回はネガティブ思考を排除しよう、です。

 

みなさんはネガティブでしょうか?

僕は一時期はとてもネガティブ思考でしたが

いま現在はポジティブ思考です。

 

しかしまぁ正直なところ

ADHD的な特性により

今も悩まされることは多いです…。

 

ですが僕は気づいたんです

ネガティブでいるよりも

ポジティブにいるほうが

圧倒的に楽ということを…(笑)

 

では、今回の記事について

述べて行きたいと思います!

 

 

 

ネガティブ思考を排除しよう!

 

 

 

ネガティブ思考をなくすには

 

突然ですが質問です。

 

あなたが楽しいと思える時間は

どんなときですか?

 

楽しいと思えることは人それぞれだと思いますが

例えば

好きな音楽をきいたり

絵を書いたり

物をつくったり

 

そういった自分の好きなことをしてるときって

あなたはネガティブな気持ちでしょうか?

 

少なくとも自分を責めたりはしませんよね?

 

ネガティブな思考をなくすには

自分の輝ける時間が大切になります。

 

その時間を大切にしてください

それがあなたのネガティブ思考をなくす

第1歩になるんですよ。

 

 

 

ネガティブ失敗談

 

小さなことでもマイナスに捉える

少し失敗したらやたらと自分を責めてしまう…

 

そんな経験、あなたはありましたか?

 

僕にはあります。

 

僕はなかなか朝に弱く起きられませんでした

そして時間感覚がとても鈍いんです。

 

その結果周りの人達に迷惑をかけてしまい

自分をずっと責めてしまいました…

 

そして、ちょうどその頃に

医師にADHDと言われて

更にネガティブ思考になりました。

 

そして

「俺はADHDだから遅刻してしまう

治そうとしてもむりなんだ…」

「俺はADHDだから仕事ができない…」

と、ことあるごとに

俺はADHDだからと言うようになり

何事もうまくいかなくなったんです。

 

そしてネガティブ思考でいた結果

僕は鬱になってしまいました。

 

ネガティブでいることは

客観的に物事を判断できるという

メリットもありますが

ネガティブになり過ぎると

常に自分を責めてしまうことになります。

 

思考がネガティブに偏りすぎることって

周りにお前はダメな人間なんだと

言われるのと変わらないんです。

 

相手に責められることも

自分のことを責めるのも

自分自身にとっては良くないんですよ。

 

ですから

客観的に物事を判断することは大事ですが

あまり自分を責めないようにしましょう

 

それがあなた自身なのですから。

 

 

 

ネガティブな気持ちも大切。

 

ネガティブ思考を排除することは大事ですが

時にはネガティブな気持ちをもつことも大切です。

 

何故かと言いますと

客観的に自分を見つめることができるからです。

 

自分がどこが苦手でどこがダメなところなのか

わかるためにはネガティブな側面も必要です。

 

常に明るく

時には自分を客観的にみる

そういったバランスが必要ですよ。

 

 

 

ADHDでいつも頭の中がごちゃごちゃ…そんな時は「視覚化リスト」を作ろう!

f:id:adhdsainou:20170523020439p:image

 

ADHDコンサルタントの西村勇輝です。

 

あなたは頭の中がごちゃごちゃしたとき

どうしていますか?

 

頭の中が散らかって

予定通りに物事が進まなかったり

ド忘れしてしまったり…

なんてことがあるんじゃないでしょうか

 

今回はこの対策法について、です。

 

 

 

視覚化リストをつくろう

 

頭の中がごちゃごちゃしたときに

頭のなかで整理するのは難しいことです。

 

ADHDのあなたが部屋を片付けるときに

綺麗に片付かないのと似ています。

 

ではどうしたらいいのか

 

「視覚化リストをつくる」

 

頭のなかで順序が組み立てられなければ

目に見える形で順序を組み立ててみましょう。

 

方法としては

 

まず紙とペン、又はスマホのメモを用意して下さい。

 

そして上から順に優先すべきことを書いてください。

 

例1.部屋の片付けの場合

1.ゴミを捨てる

2.物を所定の位置に戻す

3.掃除機をかける

 

例2.朝の準備をする場合

1.8時半に起きる

2.シャワーを浴びる

3.身支度

4.朝食

5.忘れ物確認

6.家をでる

 

といった具合にメモを書いてください。

 

やるべきことを視覚化することによって

今なにをすべきなのか

目に見えて分かるようになります。

 

そして忘れ物を減らすこともできます。

 

ADHDは聴覚処理よりも

視覚処理が優れています。

 

是非物事の優先順位をつけるのが苦手な方は

こちらの方法を試してください。

 

 

 

メモをせずに忘れ物を減らす方法

 

この方法は僕が自然と身についていた

忘れ物を減らす方法です。

 

僕も忘れ物をするタイプだったのですが

無意識に忘れ物をしないように

ある対策法をしていました。

 

その対策法とは

 

物を所定の位置に置くことを決める。

出かけるまえに声に出して確認作業をする。

 

この方法をつかうことによって

90%忘れ物をすることが無くなっていました。

 

残りの10%は時間がない時に焦って

確認作業を怠ったときです。

 

僕の場合

鍵は必ず玄関のところに置くようにしています。

物を所定の位置に置くことを

意識することにより

鍵を無くす事が減りました。

 

そして家を出る前に

声に出して確認作業をすることにより

忘れ物を減らすことが出来ました。

 

いずれも習慣化することにより

失敗を防げるようになっていたんです。

 

朝起きたら歯を磨くように

家を出る時に確認作業をすればいいのです。

 

メモをする時間がないときに

この方法は有効だと思いますよ。

 

 

自分の良いところを見つけよう

f:id:adhdsainou:20170522012050p:image

 

ADHDコンサルタントの西村勇輝です

 

今回は自分の良いところ発見してみましょう!

 

 

 

自分の良いところを見つけよう 

 

あなたの良いところはどこですか?

 

と、聞かれても中々自分で答えを出すことは

難しいですよね?

 

あるいは本当に自分の良いところは

無いと思っている方もいるかもしれません。

 

自分の良いところを把握することは

ADHDの長所を活かすためには必要不可欠です

是非あなたの良いところを見つけましょう!

 

 

 

何故自分の良いところを見つけるのか

 

何故、自分の良いところを

見つけなければいけないのか

 

それはADHDの長所を活かすためには

必要不可欠だからです。

 

例えばいくら仕事をこなす能力があっても

「自分はダメな奴なんだ」と思っていると

ちょっとしたことでも「また自分のせいで…」

と思うようになってしまいます。

 

ADHDの方は特に小さい頃から

ダメ人間のレッテルを貼られることが多く

自己評価が低い傾向にあります。

 

自己評価が低いとどうなってしまうのか?

 

自己評価が低いとスグに諦めてしまったり

色んなことから逃げてしまうようになります。

 

そして本来はADHDの障害によるものじゃないのに

新しい障害も生まれてきてしまいます。

 

そんな自分も嫌になり

最終的には…

鬱や自傷行為、最悪の場合自殺…なんてことになりかねません。

 

自己評価が低いと更にそんな自分も嫌になる…

まさに負のスパイラルに陥ってしまうんです。

 

そんな状況を脱するには

とにかく自分を認められる部分というのが

必要になるんですよ。

 

 

 

自分を認めよう

f:id:adhdsainou:20170522025710p:image

 

まず、あなたの良いところを見つけるために

自分を認めることから始めましょう。

 

自分はADHDだから馬鹿だ…

自分はADHDだから何もできない…

自分はクズだ…

自分は生きる価値がない…

 

 

それでいいんです。

 

 

それがあなた自身なのだから

だって実際にADHDによる障害に苦しんでるし

他人よりも出来ないところが多いのですから。

 

もうそこはしょうがないですよ。

 

そしてADHDは病気じゃなく障害だから

治りはしません。

 

だからあなたの出来ない部分は

あって当然なんだから開き直りましょう。

 

開き直ったとこで他人にどう思われるかは

分かりっこないんで

鼻くそほじりながらあくびするくらいの

気持ちで開き直りましょう。

 

僕は実際に鼻くそほじりながら

あくびしちゃってますよ。

 

 

 

 

嘘です。

 

 

 

良いとこ探し

 

次のステップです。

 

鼻くそほじって開き直ったところで

次はどうしたらいいのか?

 

ここが重要ですよね。

 

開き直ったということは

今視野が広くなっています。

 

ということで質問します

あなたの好きなことは何でしょうか?

 

あなたにも好きなことって一つくらいは

あると思います。

 

実はそれがあなたの良いところなんですよ!

 

だって唯一楽しくストレスもなく

過ごせる時間はあなたにとって

最大限の長所を活かしている時なんです。

 

別に他人にとってあなたの好きなことが

良いところに見えなくていいんです。

 

他人が言うことは表面上のモノサシで測った

薄っぺらい部分に過ぎません。

 

そんなことより一番大事なのは

自分自身がどう思っているのか

 

自分を1番大切にしてください

オーバーに言えば他人のことはどうでも良いんですよ。

 

是非自分ファーストでmyウェイを突っ走って下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ADHDは静かな時間を確保しよう そのための対策とは?

f:id:adhdsainou:20170518170151p:image

 ADHDコンサルタントの西村勇輝です。

 

今回は何故ADHDが静かな時間を

確保しないといけないのかについて

解説していきます。

 

 

 

何故静かな場所が必要なのか

 

ADHDが静かな場所を必要とする理由

そして何故必要なのか解説していきたいと思います。

 

「まわりがうるさくて気が散る!」

「声は聴こえるけどよく聞き取れない」

 

ADHDのあなたなら

こんな経験1度は体験したことは

ありませんか?

 

人によって程度の差はあれど

ADHDの人は聴覚処理が苦手な方が多いです

中には聴覚処理障害と診断される

ADHDの方もいるみたいです。

 

そんな僕も聴覚処理が苦手な人間ですが

ファミレスで話をしていても

相手の声が聞き取れなかったり

他人の会話に耳を傾けてしまって

集中出来ませんでした。

 

まさに志村けんの「あんだって?」状態です。

f:id:adhdsainou:20170518172102p:image

「あんだって?」

 

聞き返しが多く相手をイラつかせたときに

このギャグをつかって何度誤魔化してきたことか…

 

とにかく、ADHDの方が

静かな場所を確保する理由は

「気を散らせないため」です。

 

せっかく過集中を発揮していても

気が散るような環境にいたら

元も子もないですから。

 

 さて次は具体的な対策法です。

 

 

 

静かな環境をつくる対策法

 f:id:adhdsainou:20170518173948p:image

 

1.静かな環境を作ってもらう

これは1番手っ取り早い方法です

「今から集中するから静かにして」

などと伝えてみましょう

周りに配慮してもらう方法ですが

まずは相手に理解してもらうことが大切です。

 

2.耳栓、イヤフォンを着けて作業する

音を遮る

とにかく耳に入る無駄な情報を

シャットアウトしましょう

他には好きな音楽を聴きながら

作業したりすることもオススメです。

 

3.目に入る情報もシャットアウト

目移りしない環境をつくりましょう

窓があればカーテンを締める

部屋には無駄な物を置かない

デスクなどに仕切りをつくることを

オススメします。

 

 

 

実は優れている部分もある

 

社会生活を送る上で障害となるこの特性

実は優れている部分もあるんです。

 

危機察知能力が高い

周りの物音が気になるということは

逆に言えば小さな物音も

聞き逃さないということになります

もし何か危険な状況に陥ったときに

いち早く危険を察知し直ぐに行動できますね。

 

視覚処理能力が高い

聴覚処理に問題がある分

視覚がそれを補ってくれます

聴いて覚えるのが苦手なら

目でみて覚えましょう。

 

 

やはりADHDの人には

ハンター的要素が含まれていますね(笑)

視覚処理能力も危機察知能力も

自然界では必要なことです。

 

危険な状況では

いち早く物音を聞き取る必要がありますし

目で情報を的確に処理し

安全な場所を確保する必要がありますから。

 

トム・ハートマン氏が提唱する

ADHD狩猟民族説は本当かもしれませんね。

 

是非医学の分野で証明してほしいものです。